デジタルハーツ

ここではデジタルハーツが行うスマートフォンテストの内容や特長を解説しています。

デジタルハーツの主なスマートフォンテストサービス

デバッグ
  • Webサイト・スマホアプリ検証サービス
  • 負荷検証
セキュリティ
  • 脆弱性診断
ローカライズ
  • テキスト翻訳
  • 音声収録
  • デバッグ
  • リンギスティック(多言語チェック)

無駄な工数・費用を抑える変動課金型を採用

デジタルハーツはゲームやモバイル、スマートフォン、Webサイトなど様々なコンテンツのデバッグやテストを行うスペシャリスト集団の会社です。

デバッグサービスはエキスパートデバッガーや資格保持テストエンジニア等8000名の作業者の中から最適の人材を配置。国内9拠点の他に海外各国でのデバッグが可能で、海外での多端末実機検証等、特殊なテストにも対応しています。

Webサイト・スマホアプリ検証サービスでは全キャリア800端末以上保有し、75万件のバグ検出実績に基づき、最適なプランを作成。予算や開発スケジュールに合わせて、最適な人材・拠点・機材リソースを提案してもらえます。

他社では最大負荷時に備えて最大工数を一定期間確保するため、検証中は固定費用が発生するケースが多いのですが、デジタルハーツの場合は変動課金型を採用。開発状況に合わせ、検証工数・人員を自由に変更できるので、無駄な工数・費用を抑えコストの最適化が図れるのが特長です。

また、セキュリティ体制に関しては指紋認証による入室管理、監視カメラによる24時間365日の監視・録画、専門業者による情報破棄システム、警備会社直結の特殊保管金庫など厳格な取り組みをしており、全テスターと秘密保持契約の締結や身元保証人の確保を行うなど万全な体制がとられているので安心です。

なお、検証後のサポートとしてソフトウェア不具合検証保証サービスを用意。一定の保証サービス料を支払うことで、デジタルハーツがデバッグサービスを提供した範囲を対象に、リリース後の不具合が発生した場合の再デバッグ費用・パッチ修正費用を負担することなく対応してもらうことができます。

企業概要

  • 会社名:株式会社デジタルハーツ
  • 所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル32F
  • 経営理念:あってはならないものを見つける、なくてはならない会社
  • 実績:1000社強の取引で75万件以上のバグを検出
  • 端末保有数:800台以上
当サイトは個人により運営されています。
最新情報・詳細情報等は各会社の公式サイトでご確認ください
スマートフォンのテスト
代行会社ランキング
第1位
フォー・クオリア
端末保有数:1,500台以上
※2016年12月現在
定番端末から海外端末、その他希少端末まで幅広く保有し、あらゆるテストに対応できる体制を完備。デベロッパーでもあり、提案力やスピード感を重視した対応に定評がある。
詳細はコチラボタン
 
第2位
ポールトゥウィン
端末保有数:1,000台以上
モバイルから家庭用ゲームまで、デバッグやテストの代行を幅広く行う。グループ会社では、キッティングサービスなども提供している。
詳細はコチラボタン
 
第3位
デジタルハーツ
端末保有数:800台以上
デバッガーやテストエンジニアを豊富に抱えている。また、バグ検出実績も非常に豊富なテスト代行会社。
詳細はコチラボタン