ケータイラボ

ここではケータイラボが行うスマートフォンテストの内容や特長を解説しています。

ケータイラボのスマートフォン関連のテストサービス

お任せCHECKコース
  • 検証項目書(テスト仕様書)作成:10,000円~
  • 試験結果レポート作成:1,000円~
  • プロジェクト管理:10,000円~
  • 携帯電話利用(1時間目:1,500円/台~)
※その他、テスター人件費2,500円、再検証費用:応相談
緊急CHECKコース
  • 基本料金:9,000円
  • 作業料金:3,000円~

膨大な検証データを活かした無駄のない機種選定

ケータイラボはスマートフォンや携帯電話の実機検証・テストサービスや各機種のスペックや各種調査データの提供を行うモバイル機器専門のサービス会社です。

実機検証サービスは利用者がケータイラボの検証センターにて自身で検証テストを行ったり、端末を貸し出してもらい自社の開発環境で検証するセルフCHECKの他に、機種選定やテスト手順書作成など仕様策定から、検証作業、結果レポートまでアウトソーシングするお任せCHECKコースも用意されています。

お任せCHECKコースを利用するには、まず見積依頼フォームや電話での問い合わせにより大まかな料金を確認、その後担当者が詳細な条件等をヒアリングして検証内容が確定したら基本契約を締結します。

画面遷移図やヒアリング内容を元に、検証ボリュームを計算し詳細な見積とスケジュールが決定し、提案される検証項目表やレポート方式に納得したら発注という流れになります。

テストに関しては専属テスターが検証を実施し、デイリーレポート、サマリーレポートなど検証結果が報告されます。

すべてをお任せするのではなく、検証作業のみあるいは検証仕様書作成のみといった部分的アウトソースなどの要望にも柔軟に対応してもらえるので、テスト計画がしっかりしていればコスト削減をすることも可能です。

使用する機種に関しては予算に応じてシェア率の高い機種を選んだり、過去の膨大な検証データを活かした根拠のある選定方法が採用されているので、どの機種を選んでよいかわからないといった場合でも安心です。

また、即時の対応を要する不具合や、ユーザーからの問合せ現象の確認をピンポイントで行いたい場合は、申し込みから報告まで電話やメールで迅速に対応する緊急CHECKコースも用意されています。

企業概要

  • 会社名:株式会社ケータイラボラトリー
  • 所在地:東京都千代田区神田佐久間町4-14 ニューイワサキビル5F
  • 経営理念:不明
  • 実績:非公開
  • 端末保有数:986台

 

当サイトは個人により運営されています。
最新情報・詳細情報等は各会社の公式サイトでご確認ください
スマートフォンのテスト
代行会社ランキング
第1位
フォー・クオリア
端末保有数:1,500台以上
※2016年12月現在
定番端末から海外端末、その他希少端末まで幅広く保有し、あらゆるテストに対応できる体制を完備。デベロッパーでもあり、提案力やスピード感を重視した対応に定評がある。
詳細はコチラボタン
 
第2位
ポールトゥウィン
端末保有数:1,000台以上
モバイルから家庭用ゲームまで、デバッグやテストの代行を幅広く行う。グループ会社では、キッティングサービスなども提供している。
詳細はコチラボタン
 
第3位
デジタルハーツ
端末保有数:800台以上
デバッガーやテストエンジニアを豊富に抱えている。また、バグ検出実績も非常に豊富なテスト代行会社。
詳細はコチラボタン