ポールトゥウィン

ここではポールトゥウィンが行うスマートフォンテストの内容や特長を解説しています。

ポールトゥウィンの主なスマートフォンテストサービス

アプリ、サイトデバッグ
  • 携帯端末固有の不具合の検出
  • 機能やパラメータ、テキストの整合性の確認
  • モラルチェック
  • イレギュラー操作による不具合の誘発
スマートフォンデバッグ
  • OS各バージョンごと、世代ごとのチェック
  • 海外向けコンテンツのチェック
グローバル支援
  • デバッグ、ローカライズ
  • 米国現地法人と連携したFGサービス
コンテンツデバッグ
  • 動作デバッグ
  • 各プラットフォームレギュレーション確認
周辺機器接続デバッグ
  • スマホ周辺機器の接続・テスト検証
新端末対応デバッグ
  • WEBサイト表示検証
  • アプリケーションなどのコンテンツ動作検証
  • 周辺機器のマッチング動作確認
海外端末デバッグ
  • 翻訳、ローカライズ
  • 海外端末でのデバッグ

グループ会社の特性を活かした幅広いデバッグサービスを提供

ポールトゥウィンは家庭用・アーケードゲームのデバッグからモバイルデバッグ、PCデバッグ、パチンコ等のアミューズメント機器のデバッグまで幅広い分野でのテスト検証サービスを提供している会社です。

海外の現地法人を含め10社以上のグループ会社があるため、顧客の要望に合わせてグループ会社の各サービスを組み合わせ、ワンストップでサービスを提供できるのが強みです。

ポールトゥウィン本体のスマートフォンに関連するデバッグサービス(モバイルデバッグサービス)はアプリ・サイトデバッグ、スマートフォンデバッグ、グローバル支援などのテストメニューが用意されています。

アプリ・サイトデバッグではアプリケーションソフトウェアの携帯端末固有の不具合の検出、機能やパラメータ、テキストの整合性の確認、モラルチェック、イレギュラー操作による不具合の誘発など各種アプリのデバッグを行い、ECサイトなどのアプリ以外のコンテンツの検証にも対応しています。

スマートフォンデバッグでは国内で発売されているiPhone、Android端末を多数取り揃え、OSバージョンごと、世代ごとのチェックや米国現地法人との連携による海外向けコンテンツのチェックも行っています。

グローバル支援はアプリのデバッグ・ローカライズサービスに加えて米国現地法人と連携したフォーカスグループサービスなど、多面的にアプリケーションのグローバル展開を支援する内容になっています。

ローカライズは単にテキスト翻訳をするだけでなくリンギスティックテスト(ネイティブスタッフによる言語テスト)にも対応しているため、日本国内にいながら欧州各国言語やアジア圏言語などの翻訳についても高い品質を提供できるのが特長です。

また、モバイル端末のデバッグに専門特化したグループ会社のポールトゥウィンネットワークではコンテンツデバッグはもちろん、周辺機器接続デバッグ、新端末対応デバッグ、海外端末デバッグなども行い、キッティングサービスやサイト・アプリ開発サポートなどにも対応しています。

もともとはゲームソフトのデバッグ業務を目的として設立されたポールトゥウィンですが、現在ではグループ会社が持つそれぞれの特性を活かして様々なデバイスに対応し、開発初期段階から、デバッグ、発売後のカスタマーサポートまでカバーできる検証サービス会社となっています。

企業概要

  • 会社名:ポールトゥウィン株式会社
  • 所在地:愛知県名古屋市名東区上社3-801 加藤ビル3F
  • 経営理念:不明
  • 実績:10,000を超えるモバイル案件のデバッグを経験
  • 端末保有数:1,000台以上
当サイトは個人により運営されています。
最新情報・詳細情報等は各会社の公式サイトでご確認ください
スマートフォンのテスト
代行会社ランキング
第1位
フォー・クオリア
端末保有数:1,500台以上
※2016年12月現在
定番端末から海外端末、その他希少端末まで幅広く保有し、あらゆるテストに対応できる体制を完備。デベロッパーでもあり、提案力やスピード感を重視した対応に定評がある。
詳細はコチラボタン
 
第2位
ポールトゥウィン
端末保有数:1,000台以上
モバイルから家庭用ゲームまで、デバッグやテストの代行を幅広く行う。グループ会社では、キッティングサービスなども提供している。
詳細はコチラボタン
 
第3位
デジタルハーツ
端末保有数:800台以上
デバッガーやテストエンジニアを豊富に抱えている。また、バグ検出実績も非常に豊富なテスト代行会社。
詳細はコチラボタン