HOME » スマートフォンテスト代行業者に依頼できること

スマートフォンテスト代行業者に依頼できること

ここでは、スマートフォンテスト代行業者が請け負ってくれる検証・テスト内容について解説しています。

1.アプリ・ゲーム

スマートフォンのコンテンツとして最初に頭に浮かぶのが、アプリやゲームです。
検証する内容としては単にプログラム上のバグだけでなく、機種ごとの動作確認があります。

アプリ開発会社が自ら検証しようとすると何百種類もの端末機器を用意しなければならないので、テスト代行業者に依頼する意味は大きいと言えます。


2.ウェブサイト・ECサイト

スマートフォンにはインターネットブラウザが搭載されていますので、スマートフォン向けのウェブサイトやECサイトを作成してサービスを提供する場合があります。

アプリ・ゲームに比べると動作での不具合は起きにくいですが、リンク切れやレイアウトの崩れが発生しやすいため、
ユーザビリティも含め第三者の目でしっかり検証してもらうことが重要です。


3.通信・セキュリティ

スマートフォン向けのサイトは通信を利用して内容を表示します。また、アプリの内容によってはサーバーと通信のやりとりが発生するものもあります。

サイトやアプリを公開する前に、脆弱性を洗い出してしっかり対処しておかないと、
サイバー攻撃にあって被害が発生することも考えられます。

セキュリティを万全にするためには検証のプロであるテスト代行業者に依頼するのが一番安心です。


4.その他

スマートフォンテスト代行業者は検証で気になる部分を相談すれば柔軟に対応してもらうことができます。

第三者検証や、ローカライズのための海外端末によるテストなど基本的なチェック以外のことでも請け負ってもらえるので、
積極的に利用したいところです。

以上、スマートフォンテスト代行業者が行う検証・テスト内容について簡単に紹介しましたが、各項目ごとに行われる基本的なテスト・検証にはどんなものがあるか等についてはさらに詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

当サイトは個人により運営されています。
最新情報・詳細情報等は各会社の公式サイトでご確認ください
スマートフォンのテスト
代行会社ランキング
第1位
フォー・クオリア
端末保有数:1,500台以上
※2016年12月現在
定番端末から海外端末、その他希少端末まで幅広く保有し、あらゆるテストに対応できる体制を完備。デベロッパーでもあり、提案力やスピード感を重視した対応に定評がある。
詳細はコチラボタン
 
第2位
ポールトゥウィン
端末保有数:1,000台以上
モバイルから家庭用ゲームまで、デバッグやテストの代行を幅広く行う。グループ会社では、キッティングサービスなども提供している。
詳細はコチラボタン
 
第3位
デジタルハーツ
端末保有数:800台以上
デバッガーやテストエンジニアを豊富に抱えている。また、バグ検出実績も非常に豊富なテスト代行会社。
詳細はコチラボタン