その他

ここではスマートフォンテスト代行会社が行う基本的なチェック以外の項目について解説しています。

第三者検証による客観的評価

第三者検証とは検証工程をアウトソーシングすることで開発現場の負担を軽減させるものです。

第三者の視点から公平で信頼性の高い検証を行うことでアプリやスマートフォン向けサイトの品質を向上させることができます。

スマートフォンテスト代行会社では専門のテストエンジニアが様々な角度から成果物を検証・評価し、
多くの場合は動作上の不具合の発見を目的として進められます。

テストエンジニアはバグが出やすい箇所やイレギュラーな操作により起こりやすい不具合について熟知しています。

開発者自身が検証を行うと正常に動くはずと思い込みやすいので、不具合を発見しやすいという点で第三者検証の意味は大きいと言えます。

その他、スマートフォンテスト代行会社では一般ユーザーにサイトやアプリを実際に使ってもらい、
運営や開発側で気づけなかった問題点を洗い出すサービスを提供しているところもあります。

この場合、評価するのは専門のテストエンジニアではないため、
一般利用者の生の声を吸い上げることができるという利点があります。

オンラインでのユーザー調査のほか、ユーザーインタビューやグループインタビューで直接ヒアリングを行うことにより、
使い勝手や操作性に対する意見やわかりやすさについての評価がダイレクトに伝わってくるので、ユーザビリティ品質の向上に役立ちます。

グローバル展開をサポートするローカライズ

世界的なスマートフォンの普及により、スマホアプリの海外展開がしやすくなってきました。

日本国内でヒットしたアプリなどを海外に向けても販売したいというニーズは高まりつつあります。

海外展開をするために障壁となるのが言葉の問題です。メニューやテキストなども翻訳しなければなりませんし、
ゲームアプリなどは音声の収録を現地の言葉で行わなければならないケースもあります。

スマートフォンテスト代行会社の中には、そうした海外展開をサポートするローカライズのサービスを提供しているところがあります。

ローカライズは単純に日本語を翻訳するだけでは完了しません。

誤訳のチェックや翻訳したテキストが枠からはみ出す等の表示上の問題もクリアする必要があります。

また、利用者は海外にいますので、日本では手に入りにくい海外端末による検証・デバッグも行われます。
中には海外にデバッグ拠点を持ち、テストを行っている会社もあります。

ローカライズは予想以上に手間がかかりますので、自社で行うよりもローカライズをサポートするスマートフォンテスト代行会社に依頼したほうが、コストも軽減できますし時間も短縮できるメリットがあります。

当サイトは個人により運営されています。
最新情報・詳細情報等は各会社の公式サイトでご確認ください
スマートフォンのテスト
代行会社ランキング
第1位
フォー・クオリア
端末保有数:1,500台以上
※2016年12月現在
定番端末から海外端末、その他希少端末まで幅広く保有し、あらゆるテストに対応できる体制を完備。デベロッパーでもあり、提案力やスピード感を重視した対応に定評がある。
詳細はコチラボタン
 
第2位
ポールトゥウィン
端末保有数:1,000台以上
モバイルから家庭用ゲームまで、デバッグやテストの代行を幅広く行う。グループ会社では、キッティングサービスなども提供している。
詳細はコチラボタン
 
第3位
デジタルハーツ
端末保有数:800台以上
デバッガーやテストエンジニアを豊富に抱えている。また、バグ検出実績も非常に豊富なテスト代行会社。
詳細はコチラボタン